男性が男性の陰部を触った事案 |刑事事件の示談交渉を得意とする弁護士

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

男性が男性の陰部を触った事案

  • 性別:男性
事件の概要

男性同士の出会いを求める場所に偶然立ち入った被害男性の股間を触り、警察に通報された後に士道法律事務所に相談に来られた事案です。

解決金の額
35万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

痴漢(迷惑防止条例違反)や強制わいせつの事案は、ほぼ全てが
加害者:男性 被害者:女性
という構図ですが、極稀にこれに当てはまらないパターンの事案も存在します。

この事案もそのような例外事案の一つで、一般的なケースから外れた事案であったため交渉はそれなりに難航しました。

しかし最終的には無事示談を取りまとめて被害者の赦しを得ることができた事案です。

その他の解決事例

事件化せず終了した強制わいせつ事案

  • 性別:男性

自宅に招いた知人女性の同意があるものと思って陰部に触れる等したところ、後日「警察に被害届を出す」と言われ、対応に悩んだ末に士道法律事務所に刑事示談交渉希望ということで来所された事案です。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

刑事事件化せず終了(被害届提出前に解決)

ネットで知り合った女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

SNSで知り合った女性と実際に会うこととなり、流れや雰囲気から大丈夫だろうと思って胸を触ったところ、後日その女性から100万円超の金額を支払うよう言われて慌てて士道法律事務所に相談に来られた事案です。

解決金の額

50万円

刑事事件としての処分

刑事事件化せず終了(被害届提出前に解決)

飲酒してナンパした女性の陰部に触れた事案

  • 性別:男性

路上でナンパした女性と居酒屋に入って飲酒して、記憶をなくすほど酔って帰宅しました。後日、その女性から「被害届の提出を考えている」という連絡が入り、大きな不安を覚えて士道法律事務所に相談に来られたという事案です。

解決金の額

-円(示談不成立)

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

飛行機内で女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

飛行機に乗っているときに隣席の女性の胸を触り、空港到着後に警察に突き出され、釈放後に士道法律事務所に刑事示談を依頼するため来所されました。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

電車内で女性の下着に手を差し入れた事案

  • 性別:男性

電車内で痴漢行為に及んで被害女性の下着の中に手を差し入れてその後逮捕されたという事案です。釈放後に士道法律事務所に相談に来られて示談交渉を受任することとなりました。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4