電車内で隣の女性にもたれかかった事案 |刑事事件の示談交渉を得意とする弁護士

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

電車内で隣の女性にもたれかかった事案

  • 性別:男性
事件の概要

かなり酒に酔った状態で電車に乗り眠りこけてしまったところ、寄りかかられた隣の女性から痴漢として警察に突き出されてしまい、後日士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額
23万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

「痴漢!」と言われたが触っていない、触ったがわいせつ目的ではないという場合、

・痴漢の嫌疑を否認して最悪刑事裁判で争う
・被害者の言い分を(一部)認めて示談する

という二つの選択肢が出てくることがあります。

否認したから絶対に起訴されて有罪になるとは限りませんし、同様に絶対に不起訴になる、無罪になるとも限りません。
どのような選択を取るかはその事案の状況や当事者の考え方にもよります。

この事案では依頼者の希望を聴き取った上で示談交渉を進めるという選択を取り、無事に不起訴処分で円満に解決することができました。

その他の解決事例

電車内で隣の女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

電車内で隣に座っていた女性の胸を触り、警察での事情聴取を受けた後に士道法律事務所に示談希望で相談に来られました。

解決金の額

37万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

新幹線内で女性乗客の太腿を触った事案

  • 性別:男性

新幹線での移動中に隣席に座っていた女性の太腿に触り、遠方の警察で逮捕され、釈放された後に士道法律事務所に「示談をお願いしたい」と依頼が寄せられました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

元々知り合いだった女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

友人関係にあった女性と買い物に行った際にふざけて胸を指で突いて、後日警察から連絡が来て取調べを受け、士道法律事務所に示談交渉を依頼していただいた事案です。

解決金の額

50万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

駅構内で女性のお尻を触った事案

  • 性別:男性

混雑する駅構内ですれ違いざまに女性のお尻を触って通行人らに取り押さえられ、警察署での取り調べを受けた後に士道法律事務所に法律相談のために電話をかけてこられたという事案です。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

電車内で痴漢して付きまとった事案

  • 性別:男性

電車内で被害女性のお尻を触り、その後女性の後をつけていって改札を出た後もしばらく付きまとったという事案です。被害届の提出を受けて警察から任意での取り調べを受け、その後士道法律事務所に示談交渉の依頼に来られました。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4