駐輪場で自転車カゴから鞄を盗んだ事案 |刑事事件の示談交渉を得意とする弁護士

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

駐輪場で自転車カゴから鞄を盗んだ事案

  • 性別:男性
事件の概要

マンション駐輪場に停められていた自転車のカゴに置き忘れられていた現金入りのポーチを盗んだところ、後日警察から呼び出され、士道法律事務所に示談交渉希望の問い合わせが寄せられました。

解決金の額
10万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

その他の解決事例

コンビニでくじの景品を盗んだ事案

  • 性別:男性

コンビニで取り扱っていた一番くじの景品であったフィギュアを持ち帰り、後日警察から事情聴取を受けることとなって士道法律事務所に示談交渉の依頼が寄せられた事案です。

解決金の額

5万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

スーパーで財布を窃取した事案

  • 性別:男性

スーパーで買い物カゴに置き忘れてあった財布を持ち帰り、後日警察の取り調べを受け、士道法律事務所に刑事示談交渉の相談に来られた事案です。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

ガソリンスタンドで釣銭を窃取した事案

  • 性別:男性

セルフ方式のガソリンスタンドを利用した際に前の利用客の釣銭5,000円が取り残されていることに気付いてこれを持ち帰ったところ、後日防犯カメラ映像を元に逮捕され、釈放後に士道法律事務所に刑事示談交渉の依頼が寄せられた事案です。

解決金の額

5万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

風呂の脱衣所で女性の下着を盗んだ事案

  • 性別:男性

旅行先で宿泊したホテルの女風呂脱衣所に侵入して女性の下着を盗み、被害申告を受けたホテル従業員からの通報で臨場した警察官に逮捕され、釈放後に士道法律事務所に相談に来られた事案です。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

落ちていた財布を持ち去った事案

  • 性別:男性

マンションのエントランスに落ちていた財布を持ち去って中の現金を抜き取ったところ、防犯カメラから犯行を特定され、不起訴処分を目指して被害者と刑事示談交渉を試みてほしいと依頼された事案です。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4