飲酒して女性のお尻を触った事案 |刑事事件・示談交渉に強い士道法律事務所-大阪弁護士会所属

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

飲酒して女性のお尻を触った事案

  • 性別:男性
事件の概要

酒に酔って駅構内で痴漢してしまった事案です。被害者との示談をまとめて不起訴にして欲しいということで当事務所に相談が寄せられました。

解決金の額
20万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

飲酒の影響で記憶が曖昧なところもありましたが、「触ったことは間違いない」ということで示談交渉に当たることとなりました。

当事務所の示談交渉は基本的に電話で被害者と交渉を行い、特に必要がない限り面談は求めません。
しかし時々被害者が弁護士や加害者との面談を求めることがあり、この事案も示談交渉終盤で被害者が「加害者から直接謝罪を受けたい」と述べてきました。そのため、弁護士が加害者を伴って待ち合わせ場所の喫茶店まで赴き、被害者に直接口頭での謝罪を行って示談成立となりました。

その際に記憶がない部分の説明を注意深く行い、無事に示談をまとめて不起訴となった事案です。

その他の解決事例

電車内で隣の女性にもたれかかった事案

  • 性別:男性

かなり酒に酔った状態で電車に乗り眠りこけてしまったところ、寄りかかられた隣の女性から痴漢として警察に突き出されてしまい、後日士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額

23万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

飲酒して駅で女性の胸に触れた事案

  • 性別:男性

交際相手と飲食して別れた後、かなり酔った状態で電車に乗ろうとして女性の乗客の胸に触って逮捕され、意識がはっきりして釈放された後に士道法律事務所に相談のお問い合わせが寄せられた事案です。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

電車内で隣の女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

電車内で隣に座っていた女性の胸を触り、警察での事情聴取を受けた後に士道法律事務所に示談希望で相談に来られました。

解決金の額

37万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

元々知り合いだった女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

友人関係にあった女性と買い物に行った際にふざけて胸を指で突いて、後日警察から連絡が来て取調べを受け、士道法律事務所に示談交渉を依頼していただいた事案です。

解決金の額

50万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

女性に声をかけてマンションに立ち入った事案

  • 性別:男性

深夜に路上で見かけた女性の後をつけてマンションの共用部分に立ち入り、「胸揉ませて」等の声かけを行った事案です。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4