飲酒して電車内で痴漢行為に及んだ事案 |刑事示談交渉に特化・刑事事件に強い弁護士-大阪弁護士会所属

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

飲酒して電車内で痴漢行為に及んだ事案

  • 性別:男性
事件の概要

酒に酔って電車に乗り、女性乗客の陰部に触れて警察に突き出されてしまい、士道法律事務所に示談交渉希望の問い合わせが寄せられました。

解決金の額
30万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

似たような電車内のわいせつ行為でも、

・痴漢(迷惑防止条例違反)
・強制わいせつ

という二つの罪が使い分けられることがあります。

最大の相違点は

「暴行または脅迫を用いてわいせつ行為に及んだかどうか」

というところです。

犯行の程度がより強度なのが「強制わいせつ」で、一般に「強制わいせつ」の方が「迷惑防止条例違反」より犯情は重く、示談金(解決金)の額は上がる傾向にあります。

もっとも、

「同意なく触られて嫌な思いをした」

という被害者の感情にそこまでの違いはありませんので、いずれの事案であっても被害者の気持ちにきちんと寄り添った示談を進めていく必要があります。

その他の解決事例

飛行機内で女性の胸を触った事案

  • 性別:男性

飛行機に乗っているときに隣席の女性の胸を触り、空港到着後に警察に突き出され、釈放後に士道法律事務所に刑事示談を依頼するため来所されました。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

事件化せず終了した強制わいせつ事案

  • 性別:男性

自宅に招いた知人女性の同意があるものと思って陰部に触れる等したところ、後日「警察に被害届を出す」と言われ、対応に悩んだ末に士道法律事務所に刑事示談交渉希望ということで来所された事案です。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

刑事事件化せず終了(被害届提出前に解決)

男性が男性の陰部を触った事案

  • 性別:男性

男性同士の出会いを求める場所に偶然立ち入った被害男性の股間を触り、警察に通報された後に士道法律事務所に相談に来られた事案です。

解決金の額

35万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

バイブでわいせつ行為に及んだ事案

  • 性別:男性

相手方女性の同意があると思ってバイブを使ったわいせつ行為に及んだところ、後日被害届を提出され、刑事事件としての処罰を避けて不起訴を目指したいということで士道法律事務所に示談希望の問い合わせが寄せられました。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

複数人で強制わいせつに及んだ事案

  • 性別:男性

友人同士の男性三人が飲酒してナンパした女性にわいせつ行為に及び、後日被害女性から被害届が出されて男性ら三人は逮捕。そのうち一名の方のご両親から士道法律事務所に相談があり、示談交渉に当たることとなりました。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4