飲食店でスタッフを殴った事案 |刑事事件の示談交渉を得意とする弁護士

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

飲食店でスタッフを殴った事案

  • 性別:男性
事件の概要

飲食店で飲み食いしているうちに悪酔いしてスタッフを殴ってしまい、刑事罰を受けるのを回避したいということで士道法律事務所に刑事示談交渉の相談に来られた事案です。

解決金の額
35万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

その他の解決事例

キャンプ中に酒瓶で知人を殴った事案

  • 性別:男性

友人らと家族ぐるみでキャンプをしていて飲酒するうちに口論となり、相手方の男性を酒瓶で殴ってけがをさせてしまったという事案です。被害届を出され、家族の説得もあり示談交渉を検討することとなって士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額

60万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

同窓会で同級生に怪我を負わせた事案

  • 性別:男性

同窓会で元同級生の男性と口論になり、暴力を振るって比較的重い怪我を負わせてしまったということで士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額

300万円

刑事事件としての処分

起訴(執行猶予)・損害賠償命令手続で和解成立

タクシー内でアクリル板を叩いた事案

  • 性別:男性

酒に酔った状態でタクシーに乗って寝てしまい、目的地に着いたので運転手が起こそうとしたところ、立腹して運転手に殴りかかったということで送検後に士道法律事務所に示談の相談が寄せられました。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

盗撮して逃亡する際に被害者に怪我をさせた事案

  • 性別:男性

大型店舗のエスカレーターで後方から女子高生のスカート内を盗撮。通行人の指摘を受けて逃げ出そうとしたときに盗撮被害に遭っていた女子高生を転倒させて怪我を負わせてしまい、その後逮捕されたという事案です。

解決金の額

80万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

居酒屋で頭突きをした事案

  • 性別:男性

知り合いと酒を飲んでいるうちに些細なことから口論となり、頭突きをして流血させてしまい、警察を呼ばれて後日士道法律事務所に示談交渉を依頼されたという事案です。

解決金の額

50万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4