同窓会で同級生に怪我を負わせた事案 |刑事示談交渉に特化・刑事事件に強い弁護士-大阪弁護士会所属

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

同窓会で同級生に怪我を負わせた事案

  • 性別:男性
事件の概要

同窓会で元同級生の男性と口論になり、暴力を振るって比較的重い怪我を負わせてしまったということで士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額
300万円
刑事事件としての処分
起訴(執行猶予)・損害賠償命令手続で和解成立
弁護士のコメント

示談をまとめれば不起訴の可能性は相応に高まります。
しかし「示談=不起訴」ではありません。
例えば前科が多数あるとか、被害の程度が大きいとかいう場合には示談をまとめても起訴されるということがあり得ます。

この事案も被害者の怪我の程度が大きかったため、起訴は避けられない事案でした。
もっともそのようなケースでも示談をまとめれば公判請求が略式手続に格落ちとなる、罰金刑の選択や執行猶予付きの軽減された判決になる、といった有利な効果の発生は高確率で期待できます。

本件は被害者が損害賠償命令手続の申し立てを行ったため、刑事裁判手続とセットで金銭問題の解決が図られることとなりました。

損害賠償命令手続はあまり利用されることのない手続ですが、この中できちんと和解をまとめることのできた事案です。

その他の解決事例

タクシー内でアクリル板を叩いた事案

  • 性別:男性

酒に酔った状態でタクシーに乗って寝てしまい、目的地に着いたので運転手が起こそうとしたところ、立腹して運転手に殴りかかったということで送検後に士道法律事務所に示談の相談が寄せられました。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

被害者を投げて脱臼させた事案

  • 性別:男性

路上で相手方男性とトラブルとなり柔道技をかけたところ、相手方を脱臼させてしまって警察沙汰となり、士道法律事務所に示談希望の問い合わせが寄せられました。

解決金の額

65万円

刑事事件としての処分

略式起訴(罰金)

電車内トラブルで胸倉を掴んだ事案

  • 性別:男性

電車内で身体がぶつかったぶつかっていないから揉め事となり、被害者がスマホで撮影してきたことに立腹して胸倉を掴み、その後警察で取調べを受けることになったということで士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額

15万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

居酒屋で頭突きをした事案

  • 性別:男性

知り合いと酒を飲んでいるうちに些細なことから口論となり、頭突きをして流血させてしまい、警察を呼ばれて後日士道法律事務所に示談交渉を依頼されたという事案です。

解決金の額

50万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

飲食店でスタッフを殴った事案

  • 性別:男性

飲食店で飲み食いしているうちに悪酔いしてスタッフを殴ってしまい、刑事罰を受けるのを回避したいということで士道法律事務所に刑事示談交渉の相談に来られた事案です。

解決金の額

35万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4