盗撮して逃亡する際に被害者に怪我をさせた事案 |刑事事件の示談交渉を得意とする弁護士

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

盗撮して逃亡する際に被害者に怪我をさせた事案

  • 性別:男性
事件の概要

大型店舗のエスカレーターで後方から女子高生のスカート内を盗撮。通行人の指摘を受けて逃げ出そうとしたときに盗撮被害に遭っていた女子高生を転倒させて怪我を負わせてしまい、その後逮捕されたという事案です。

解決金の額
80万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

典型的なスカート内の盗撮事案であれば解決金は大体20~30万円、事情によっては40万円というのが大体の相場です。

この事件も盗撮部分だけを見ればこのくらいの金額で示談がまとまっていたはずです。

しかし、逃亡しようとして盗撮の被害者を転倒させ、怪我を負わせてしまったということで解決金の額は大きく跳ね上がりました。

痴漢や盗撮をして見咎められた場合、通行人や駅員に捕まらず逃げられるケースもありはしますが、逃げたところで今は至る所に防犯カメラが設置されていますので、大体はカメラ映像をリレー方式で辿っていって勤務先や自宅まで突き止められて後日逮捕となります。

そう簡単に逃げ切れるものではありませんし、下手に足搔くと罪が重くなり解決金や弁護士費用もかさんでいきますので、犯行を見咎められたときは抵抗せずおとなしく捕まった方が賢明と言えます。

その他の解決事例

商業施設で女子高生の下着を盗撮した事案

  • 性別:男性

大型ショッピングモールで女子高生の後をつけて店舗内でスカートの中を盗撮し、通行人の通報により警察に逮捕されて、釈放後に士道法律事務所に示談希望のお問い合わせをいただいた事案です。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

駅で成人女性のスカートの中を盗撮した事案

  • 性別:男性

駅構内で前を歩いていた女性のスカートの内側にスマホを差し入れて盗撮。通行人に見咎められて捕まり、現行犯として警察に引き渡されました。釈放された後にインターネット検索で当事務所を知り、法律相談のため来所されました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

商業施設で女子高生のスカート内を盗撮した事案

  • 性別:男性

商業施設のエスカレーターで女子高校生のスカート内をスマートホンで盗撮し、通行人に見咎められて現行犯逮捕。警察に引き渡されて取調べを受けた後に釈放され、その後士道法律事務所にご相談いただきました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

駅で女子高生のスカート内を盗撮した事案

  • 性別:男性

駅構内で女子高生のスカートの内側に小型カメラを差し入れて盗撮、直後に盗撮が発覚して取り押さえられて警察に引き渡されました。釈放後に士道法律事務所に法律相談予約のお問い合わせがあり、示談交渉を受任することとなりました。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

勤務先で複数の女性を盗撮した事案

  • 性別:男性

勤務先の更衣室にカメラを設置して従業員ら計4名の着替える姿を盗撮したという事案です。カメラが見つかってそこから犯人が特定され、警察の取り調べを受けているということで士道法律事務所に相談予約の電話連絡が入りました。

解決金の額

20万円×4

刑事事件としての処分

略式起訴(罰金)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4