駅で成人女性のスカートの中を盗撮した事案 |刑事事件の示談交渉を得意とする弁護士

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

駅で成人女性のスカートの中を盗撮した事案

  • 性別:男性
事件の概要

駅構内で前を歩いていた女性のスカートの内側にスマホを差し入れて盗撮。通行人に見咎められて捕まり、現行犯として警察に引き渡されました。釈放された後にインターネット検索で当事務所を知り、法律相談のため来所されました。

解決金の額
20万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

刑事示談交渉ではほとんどのケースで被害者本人が対応します。
被害者本人以外が対応するケースとしては、被害者も弁護士に示談交渉を依頼したもの、被害者の親が交渉窓口となったものが挙げられます。
親が窓口になるケースのほとんどは被害者が未成年というものです。

ただしごく稀に成人の被害者であっても親が交渉の窓口となることがあります。
この事案もそういう珍しいケースの一つでした。

被害者本人以外の人物、特に親が窓口となった示談交渉は難航することが珍しくありません。
被害者本人以上に感情的になっていることが多いからです。

親が窓口になるということが分かった時点でそういう展開になる可能性が高いと予想がつくので、この事案も普段以上に気を使って丁寧に話を進めました。

結果、無事に被害者側の怒りを収めてもらうことができ、示談成立となった事案です。

その他の解決事例

盗撮前科ありで女子高生を盗撮した事案

  • 性別:男性

アウトレットモールで家族と買い物中に女子高生のスカート内を盗撮して逮捕。過去に同様の盗撮で略式起訴(罰金)の前科があり、士道法律事務所に示談交渉の依頼が寄せられました。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

略式起訴(罰金)

駅で女子高生のスカート内を盗撮した事案

  • 性別:男性

駅構内で女子高生のスカートの内側に小型カメラを差し入れて盗撮、直後に盗撮が発覚して取り押さえられて警察に引き渡されました。釈放後に士道法律事務所に法律相談予約のお問い合わせがあり、示談交渉を受任することとなりました。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

商業施設で女子高生の下着を盗撮した事案

  • 性別:男性

大型ショッピングモールで女子高生の後をつけて店舗内でスカートの中を盗撮し、通行人の通報により警察に逮捕されて、釈放後に士道法律事務所に示談希望のお問い合わせをいただいた事案です。

解決金の額

40万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

更衣室で着替え中の女性を盗撮した事案

  • 性別:男性

店舗の更衣室の中で女性が着替えていたときにカーテンからスマホを差し込んで下着姿の女性を盗撮。スタッフに追いかけられて捕まり現行犯人逮捕、後日士道法律事務所に示談希望の相談が寄せられました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

勤務先で複数の女性を盗撮した事案

  • 性別:男性

勤務先の更衣室にカメラを設置して従業員ら計4名の着替える姿を盗撮したという事案です。カメラが見つかってそこから犯人が特定され、警察の取り調べを受けているということで士道法律事務所に相談予約の電話連絡が入りました。

解決金の額

20万円×4

刑事事件としての処分

略式起訴(罰金)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4