駅で女子高生のスカート内を盗撮した事案 |刑事示談交渉に特化・刑事事件に強い弁護士-大阪弁護士会所属

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

駅で女子高生のスカート内を盗撮した事案

  • 性別:男性
事件の概要

駅構内で女子高生のスカートの内側に小型カメラを差し入れて盗撮、直後に盗撮が発覚して取り押さえられて警察に引き渡されました。釈放後に士道法律事務所に法律相談予約のお問い合わせがあり、示談交渉を受任することとなりました。

解決金の額
50万円
刑事事件としての処分
不起訴(起訴猶予)
弁護士のコメント

こちらは
商業施設で女子高生のスカート内を盗撮した事案
と絡めて法律相談の際に具体例として時々挙げている事案です。

この二つの事案は
・発生時期、依頼の時期がほぼ同じ
・被害者の年齢、性別、属性がほぼ同じ
・前科前歴の状況、犯行態様がほぼ同じ
・事件発覚後の捜査機関での取り扱いがほぼ同じ
・どちらも父親が示談交渉の窓口となった
と極めて共通項の多いものでした。

それにもかかわらず一方は解決金20万円、もう一方は解決金50万円と大きな差が生じたのです。

たった一つだけ、決定的に違う事情があったためです。

ここではその内容を具体的に記載することはできません。
示談交渉を希望される方が法律相談に来られた際に、必要がある場合に限って、この金額の差が出た理由をお伝えしています。

加害者でも被害者でも、
示談金(慰謝料、解決金)の相場
というものを気にして弁護士に尋ねてくる方は一定数います。

確かに、罪名ごとに示談金(慰謝料、解決金)の幅というか、相場のようなものは存在します。

しかし、内容や背景事情がほぼ同じ事案であっても、加害者にも被害者にも弁護士にもどうしようもない事情でこの相場(のようなもの)のバランスは大きく崩れることがあります。

ある程度の予測は立つとしても示談に『絶対』はなく、交渉を始めてみなければわからないことがある。

そのことを如実に示す事案です。

その他の解決事例

商業施設で女子高生のスカート内を盗撮した事案

  • 性別:男性

商業施設のエスカレーターで女子高校生のスカート内をスマートホンで盗撮し、通行人に見咎められて現行犯逮捕。警察に引き渡されて取調べを受けた後に釈放され、その後士道法律事務所にご相談いただきました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

更衣室で着替え中の女性を盗撮した事案

  • 性別:男性

店舗の更衣室の中で女性が着替えていたときにカーテンからスマホを差し込んで下着姿の女性を盗撮。スタッフに追いかけられて捕まり現行犯人逮捕、後日士道法律事務所に示談希望の相談が寄せられました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

駅で成人女性のスカートの中を盗撮した事案

  • 性別:男性

駅構内で前を歩いていた女性のスカートの内側にスマホを差し入れて盗撮。通行人に見咎められて捕まり、現行犯として警察に引き渡されました。釈放された後にインターネット検索で当事務所を知り、法律相談のため来所されました。

解決金の額

20万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4