被害者を投げて脱臼させた事案 |刑事示談交渉に特化・刑事事件に強い弁護士-大阪弁護士会所属

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

被害者を投げて脱臼させた事案

  • 性別:男性
事件の概要

路上で相手方男性とトラブルとなり柔道技をかけたところ、相手方を脱臼させてしまって警察沙汰となり、士道法律事務所に示談希望の問い合わせが寄せられました。

解決金の額
65万円
刑事事件としての処分
略式起訴(罰金)
弁護士のコメント

複数の前科があるとか被害の程度が重いとかの事案ではきちんと最上級の示談をまとめたとしても不起訴とはならないことがあります。
示談は確実に不起訴を勝ち取ることのできる魔法のような一手ではなく、不起訴を含めた軽減な処分に向けて積み重ねることのできる有利な情状の一つに過ぎないためです。

傷害事件はその典型で、被害者の怪我の程度が重いとたとえ示談をまとめたとしても検察官は「起訴」という結果を回避すべきではないと判断することがあります。

もっともその場合であっても示談は相当に強力な効果を発揮します。
何もしなければ「公判請求(ドラマで見るようないわゆる一般的な刑事裁判)」だったというところが、示談をまとめたことで「略式手続(罰金刑確定の簡易な裁判)」となることはよくあります。

略式手続は絶対に罰金刑しか選択できない手続なので、この場合懲役刑が選択されて刑務所に行く可能性が全くありません。
しかも書類審査で決められた刑が郵送されてくるという手続で出廷の必要がないため、刑事裁判のために仕事を休む必要も、刑事裁判のために高い費用を払って弁護士をつける必要もありません。

本件も被害者の怪我の程度が重かったため不起訴とまではしてもらうことができませんでしたが、略式起訴に留まって最大限有利な効果を得ることができた事案です。

その他の解決事例

飲酒して警備員に暴行した事案

  • 性別:男性

飲酒して帰宅する途中でビルの警備員に絡んで顔面を殴って逮捕、後日不起訴を目指したいということで刑事示談交渉の法律相談予約が入った事案です。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

居酒屋で頭突きをした事案

  • 性別:男性

知り合いと酒を飲んでいるうちに些細なことから口論となり、頭突きをして流血させてしまい、警察を呼ばれて後日士道法律事務所に示談交渉を依頼されたという事案です。

解決金の額

50万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

電車内トラブルで胸倉を掴んだ事案

  • 性別:男性

電車内で身体がぶつかったぶつかっていないから揉め事となり、被害者がスマホで撮影してきたことに立腹して胸倉を掴み、その後警察で取調べを受けることになったということで士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額

15万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)

同窓会で同級生に怪我を負わせた事案

  • 性別:男性

同窓会で元同級生の男性と口論になり、暴力を振るって比較的重い怪我を負わせてしまったということで士道法律事務所に相談が寄せられました。

解決金の額

300万円

刑事事件としての処分

起訴(執行猶予)・損害賠償命令手続で和解成立

タクシー内でアクリル板を叩いた事案

  • 性別:男性

酒に酔った状態でタクシーに乗って寝てしまい、目的地に着いたので運転手が起こそうとしたところ、立腹して運転手に殴りかかったということで送検後に士道法律事務所に示談の相談が寄せられました。

解決金の額

30万円

刑事事件としての処分

不起訴(起訴猶予)
ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4