電話やメールでの相談は可能ですか |刑事示談交渉に特化・刑事事件に強い弁護士-大阪弁護士会所属

刑事事件の示談交渉は
初期の対応が重要です

header-tel

電話やメールでの相談は可能ですか

電話やメールでの法律相談は行っていません。原則として依頼者本人に事務所までお越しいただいて弁護士との対面相談となります。

詳細な回答

士道法律事務所は他の一般的な法律事務所と同様に電話やメールでの法律相談は受け付けていません
「電話でちょっと聞きたいだけなんだけど」
というお問い合わせは一定数あるのですが基本的に全てお断りしています。

第一の理由として
「電話では正確な事実把握、正確なアドバイスができないから」
ということが挙げられます。
初回法律相談では相談者が持参した資料を確認しながら、いつどこでどういう出来事があったのかを順番に聴き取り、その上で問題解決に向けたアドバイスを行います。
士道法律事務所では「相談者の話をしっかり聞く」ということを重視しています。
相談内容の聴き取りで10~20分程度
弁護士からのアドバイスで20分程度
質疑応答で10~20分程度
委任契約書の作成で10~15分程度
いつもこのくらいは時間をかけてしっかり相談に応じています。
事案の内容をしっかり確認もせずに正確で有意な法的アドバイスを行うことはできないのです。

第二の理由として
「真剣な悩みを抱えた方を優先しているから」
ということが挙げられます。
当然のことですが、士道法律事務所では既に依頼された方を最優先として事件処理や事務所の運営を行っています。
また、弁護士への具体的な依頼を考えるほど深い悩みを抱えた方をこれに準じて優先しています。
電話やメールで弁護士に質問したいという方もそれなりの悩みや不安は抱えているのでしょうが、これに対応していると当事務所を信頼して事件を任せていただいた方、より深刻な悩みを抱えた方の事件処理がその分遅れることとなります。

そのため
「時間と手間を割いて当事務所に来ていただけること」
を悩みに対する真剣さを測る尺度とさせていただいております。

申し訳ありませんが電話やメールでの法律相談をご希望の方は対応可能な別の法律事務所にご相談ください。

なお、

  • ・本人は逮捕されて警察署に留置されている
  • ・本人は入院中で病院から出ることができない
  • ・近く帰国を予定しているが今は海外にいる

といったケースについてはそれぞれに応じた対処方法をご案内しております。
このような事情により来所できない場合は相談予約の際にその旨お伝えください。

ad-img1 ad-img2
ad-img3 ad-img4